ネオーラル
ノバルティスファーマ株式会社

ページ内を移動するためのショートカット

ホーム >> ネフローゼ症候群とは >>診断基準/症状

ネフローゼ症候群の検査と診断

ネフローゼ症候群とは
検査/診断
診断基準/症状
薬物療法
シクロスポリン療法
家庭での自己管理

ネフローゼ症候群の4大症状

ネフローゼ症候群の診断基準として尿中のタンパク量(タンパク尿)、血中のアルブミン量(低タンパク血症)、 脂質異常(高脂血症)、浮腫の4大症状が診断基準となります。また、おとなと子どもでは診断基準が異なります。
ネフローゼ症候群の4大症状:タンパク尿、低タンパク血症、高脂血症、浮腫

ネフローゼ症候群の診断基準

  成人 小児
タンパク尿 3.5g/日以上が持続する(随時尿において尿蛋白/尿クレアチニン比が3.5g/gCr以上の場合もこれに準ずる) 尿タンパク 3.5g/日以上あるいは、0.1g/kg/日以上あるいは、早朝起床時尿(第一尿)で、300mg/dL以上これら1項目でも持続する
血中
アルブミン
血清アルブミン値3.0g/dL以下(血清総蛋白量6.0g/dL以下も参考にする) 学童、幼児 3.0g/dL以下
乳児     2.5g/dL以下
浮 腫 あ  り あ  り
脂質異常 脂質異常症
(高 LDL コレステロール血症)
血清総コレステロール値
学童 250mg/dL以上
幼児 220mg/dL以上
乳児 200mg/dL以上

上記のタンパク尿、血中アルブミン(低タンパク血症)の両所見を認めることが本症候群の診断の必須条件です。

ネフローゼ症候群とは
検査/診断
診断基準/症状
薬物療法
シクロスポリン療法
家庭での自己管理

ページの先頭に戻る

 

 

文字サイズの変更