ネオーラル
ノバルティスファーマ株式会社

ページ内を移動するためのショートカット

ホーム >> ネフローゼ症候群とは

ネフローゼ症候群とは

監修:
筑波大学臨床医学系内科 教授 小山哲夫

ネフローゼ症候群とは
検査/治療
診断基準/症状
薬物療法
シクロスポリン療法
家庭での自己管理

ネフローゼ症候群とは

腎臓の中の糸球体で血液はろ過され老廃物が取り除かれます。この糸球体に障害がおこり、多量のタンパク質が漏れて血液中のタンパクが減少し、むくみなどの症状のでる病気がネフローゼ症候群です。まぶたの腫れ、手足のむくみ、腹の張った感じなどの症状があります。腎臓機能の低下が進むと尿毒症の症状がでてきます。

■腎臓のはたらき
腎臓の働きイラスト

■正常な腎臓の働きとネフローゼ症候群の働き
正常な腎臓の働きとネフローゼ症候群の働きイメージ図

■ネフローゼ症候群の症状
ネフローゼ症候群の症状イメージ図

ネフローゼ症候群は腎臓の中の糸球体に障害が起こり、多量のタンパク質が糸球体から尿に濾過されてしまい、尿細管から血管への再吸収が間に合わなくなり、多量のタンパク質が尿と一緒に漏れ出てしまう病気です。

ネフローゼ症候群とは
検査/治療
診断基準/症状
薬物療法
シクロスポリン療法
家庭での自己管理

ページの先頭に戻る

 

 

文字サイズの変更